ニュース記事はこちら




5年前、草加市の中学校で当時2年生の男子生徒が同級生から強要されて校舎の2階から飛び降りて大けがをしたとして、男子生徒とその母親が同級生などを相手取り損害賠償を求めた裁判で、さいたま地裁は26日、同級生の少年2人におよそ600万円の支払いを命じました。

この裁判は、2012年4月、草加市の中学校で当時2年生の男子生徒が同級生4人から「飛び降りないなら金を持ってこい」などと言われて校舎の2階から飛び降り、腰の骨などを折る大けがをして後遺症を負ったとして、同級生の4人の少年やその親におよそ5,779万円の損害賠償を求めているものです。

26日の裁判でさいたま地裁は「男子生徒が飛び降りざるを得ない状況に陥らせた」などとして、少年4人のうち2人に事故に対する責任を認め、およそ614万円の支払いを命じました。

また、原告側の代理人は「裁判所はいじめに対する見方が不足している」として控訴を検討する方針を示しています。

テレ玉





ひっどい事案だな~。

後遺障害の程度がわかりませんが、認容額が低くないですか。

最後の弁護士さんのコメント。ほぼ同意です。
もっと言うと、慰謝料に対する理解が不十分です。
全体的に低すぎる。

入通院日数や期間で決める傾向にありますが、
過失で起きた交通事故と明らかな故意の違法行為によって発生した損害を同列に考えることがおかしいでしょう。
そりゃ、多少の増額はあるでしょうけど、多少です。

慰謝料革命みたいなの起きないかな~。
スポンサーサイト
開業してからは初、前回行ってから5年くらい経ってると思います。

前回行ったのは成年後見関係の仕事だったので、
民事裁判で行くのは今日が初。

第1回口頭弁論なので、おきまりの被告が答弁書とギチンして、内定していた2回目の口頭弁論期日を確認し終了。
1分もかかってませんね。

某駅(自宅の最寄り駅)→浦和までは2回乗り換えが必要で、結構めんどいです。
浦和からは当該某駅まで電車で戻り、そっから車。
2時間くらいかかってしまいました。

うーん、遠い。
次回も口頭弁論なので出頭が必要ですが、弁論準備に移行して電話会議にしてくれないものでしょうかね。

もしくは全部車移動か。
楽ではあるだろうけど、午前の期日だと渋滞が怖いですね。


さいたま地裁って古いですね。
法廷の椅子は固定されてなくて動いちゃうし、法廷前の廊下に黒板があるってのも初めて見ました。
もちろん機能してません。
古いのに趣もないし。
東京地裁とか仙台地裁なんかいい味出てます。
さすがにそろそろ改装されるんじゃないでしょうか。
昨晩、当職の借りる月極駐車場に他人の車が止まっていました。

14931665170.png

こいつです。

今朝はいなくなっていたので、2桁は隠してあげるという超温情措置です。
バカでわからないかもしれないけど犯人は感謝するように。

またやったらナンバー全公開します。

住所も調べて徹底的に追及します。

犯罪とか不法行為の被害って遭ってみないと、この理不尽さはわからないでしょうね。

本当にむかつく。
記事はこちら




何度断っても来るしつこい宗教勧誘を、不法侵入で訴えることはできるのだろうかーー。弁護士ドットコムの法律相談コーナーに、そんな相談が寄せられました。

相談者によると、ここ数年にわたって、宗教勧誘目的で2人組の女性が家を訪れるのだそうです。彼女たちは、相談者が何度断っても繰り返しインターホンを鳴らし、勝手に門を開けて敷地に入り、玄関のドアをノックします。相談者は「月数回とは言え、ストレスになります!」と怒りをあらわにしています。

門には、ポストへの不要な投函禁止や、勧誘目的でインターホンを押すことを禁止するラベルも貼っていますが、効果は上がりません。証拠のために女性たちを動画で撮影して、警察に相談することも考えているそうです。

断っても宗教勧誘をやめない女性たちに対して、法的な対処をすることはできるのでしょうか。また、相談者は女性たちの動画を撮影することも考えているそうですが、本人に無断で撮影した動画は証拠として有効なのでしょうか。松岡義久弁護士に聞きました。

●住居侵入罪に該当する?

「相談者宅の敷地に、宗教勧誘目的で立入る行為が『住居侵入罪』に該当するかについては、次の2点が問題となります。

(1)自宅の敷地の立入りも同罪の対象となるのか

(2)宗教勧誘目的での立入りも「侵入」といえるのか

(1)について、検討します。土地が建物に接してその周辺に存在し、かつ、管理者が外部との境界に囲障(いしょう。塀や柵のこと)を設置することにより、建物の付属地であることが明示されているときは、建物の囲にょう地として、保護の対象となります。

また(2)についてですが、『侵入』とは、管理権者の意思に反して立ち入ることをいいます。相談者のケースでは、門に勧誘目的でインターホンを押すことを禁止するラベルを貼り、勧誘を何度も断っています。断り方にもよりますが、立入りが相談者の意思に反しているとうかがえますから『侵入』に該当する可能性があります」

相談者は、屋外に監視カメラ等を設置し、証拠集めをしようとしています。

「相手の同意なく行った録音・録画の証拠能力(証拠として認めらえるか)が問題になることはあります。しかし、相談者のケースでは、相手方の自宅内などプライバシー保護の要請が強い場所での録画ではありませんし、状況からして特段、反社会的な手段を用いての撮影とはならないでしょうから、証拠能力は認められると思われます。

警察に被害届け出をすることも可能ですが、まずは、門に、『宗教勧誘目的での敷地内立ち入りを禁止する』旨を明示し、かつ、勧誘された時には、立ち入りを禁止していること、再度行った場合には、警察に被害届け出をすることを伝えれば、犯罪が成立する可能性が高まりますし、また、相手も今後勧誘をしなくなる可能性もあるのでないでしょうか」

【取材協力弁護士】
松岡 義久(まつおか・よしひさ)弁護士
横須賀市内(京急横須賀中央駅徒歩5分、裁判所徒歩2分)で事務所を共同経営するパートナー弁護士。京都大学法学部卒、警察庁(国家Ⅰ種)を退職後、2回目で司法試験合格。相続、交通事故、債務、離婚、中小企業、行政のトラブル、顧問など幅広い分野を専門に扱う。
事務所名:宮島綜合法律事務所
事務所URL:http://www.miyajimasougou.com/

弁護士ドットコムニュース編集部




書いてあることは正しいけど、実際になんでそこまでしなきゃならないんだという理不尽さは残りますね。

日中の訪問って出る必要ないものばかりでしょう。
配達とか知ってる近所の人なら出ますけど、それ以外の訪問は全部無視でいいのでは。
どうせろくな用事ないし。

勧誘でいえば、彼女らは正しいことをしていると思ってやってるので、断ることに意味がない。
「このすばらしさがまだわかってもらえてない。しっかり教えてあげないと!!」
とエスカレートするおそれさえあると思うんですが。


ちなみに事務所にくるアポなし訪問営業は100%クソです。
前はぼったくりお菓子の営業がよく来てたな~。

電話営業もたくさん来ますが、電話帳に「迷惑」と記録してあるので、まともに話すことは一切ありません。
記事はこちら




開幕からの表の3人が和田毅、中田賢一、東浜巨。裏の3人は千賀滉大、武田翔太、リック・バンデンハークーー。

【画像】復活の手応えを語る松坂大輔

顔ぶれだけを見れば、福岡ソフトバンクホークスの先発ローテーションには谷間がない。だから、オープン戦の最後に与えられたチャンスで7回をノーヒットに抑えるピッチングを見せても、彼にローテーションへ割り込む余地は残されていなかった。

松坂大輔のことである。

思い浮かぶのは3年前のことだ。当時、メジャー8年目を迎えていたニューヨーク・メッツの松坂は、オープン戦でローテーションの座を若いピッチャーと争っていた。その最後の登板で、松坂は5回を投げて被安打5、奪三振8、無四球、無失点という文句のつけようがないピッチングを披露した。ところが松坂は、開幕をマイナーで迎えることになったのである。結果を求められてそのとおりの結果を出したのに…その直後、松坂はこう言っている。

「競争であって競争でないという感じですかね。自分がいいものを出しても、それが判断材料にならないというのが、今の僕の立場です」

いいものを出しても判断材料にならない―3年前のこの言葉は、今回は当てはまらない。オープン戦でのピッチングは間違いなく判断材料になり、松坂は開幕ローテから外れた。確かに最後のチャンスでは答えを出したものの、それまでの結果は満足のいくものではなかったからだ。

左肩の状態は安定せず、一進一退。それでも心の平穏は3年前と比べものにならなかった。それはなぜだったのか…思えば今年のキャンプの最中、松坂に「野球を楽しめているか」と聞いてみたことがあった。すると彼はこう言った。

「また楽しいなって思えるようになってきました。たぶん、ちょっと投げられるようになってきたからだと思います。今は痛いところはありません。ただ、感覚的に肩周りの状態には波があって…いいときには朝起きてすぐ、『あ、今日はいいな』と思うし、ちょっと落ちてる感じがするときは『今日はまだまだだな』と思います。手術した場所の感覚は日によって違うんですよね。でも去年あった不安というものは、だいぶなくなってきてますけどね」

松坂はメジャー2年目の2008年、初めて右肩に違和感を覚え、それ以降は痛くない投げ方を探してきた。本来の投げ方でなくとも勝ててしまうところが松坂の器用さであり、才能のゆえんでもあるのだが、結果、ヒジに負担がかかり、靱帯を損傷(2011年に手術)。股関節や肩周りにも負荷がかかって、その後は故障に泣かされ続ける。

「肩に不安を持つようになってからは、痛みの出ないフォームを探すことに時間を割かなければならなかったので、いつの頃からか、こう投げたいという理想のフォームを考えることをやめてしまったような気がします。もちろんこう投げたいというイメージはあるんですけど、それとは別に今の自分の状態に照らし合わせて、こう投げられたらいいな、そのなかで痛みが出なければいいなって考えるようになってしまいましたね」

松坂がそこまで無理をして投げ続けたのは、メジャーの厳しい生存競争を肌で感じていたからだ。

「やっぱりローテーションのポジションをあけたくない、誰かに譲ることはしたくないという気持ちが常にありましたからね。レッドソックスにいたときは、ベテランのピッチャーでもケガで調子を落としただけで簡単にローテから外されてましたし、そういうのを見たら自分はああはなりたくないと思って、痛くても我慢して投げてしまったことはありました」

では、現在の松坂はどんなフォームをイメージしているのだろう。こう投げられたらという痛みのないところを探す投げ方ではなく、こう投げたいという投げ方を目指すことができているのだろうか。
「そうですね……キャンプのときには自分でいろいろと取り組んでみて、最後、しっくりきそうな感じのフォームはこれかな、というところまではきました。今、目指しているのは腕を強く振るということです。そのためにはちょっとした間を取る動作が必要なんです。

ブルペンで投げているときと違って、実戦ではバッターやキャッチャーとの間合いによって体重移動しているときのタイミングの取り方が変わってきます。その間をつくる余裕がなかなか持てなかったんですよ。だから、腕も前で振れない。タイミングがうまく取れなかったんです」

腕を強く振って、ボールを前で放せば、指にしっかりかかったボールが投げられる。それができないのは心の奥に、肩に対する不安があったからなのかもしれない。それがなくなってきているからこそ、今、松坂のボールは確実に強くなってきているのだ。

松坂に対する逆風は、今もなおやむことはない。やれ年俸が高すぎる、太りすぎだ、ケガばっかりだと…そんな声はもちろん松坂にも届く。

「ネガティブなことを言う人に対しても、逆に言えば、応援してくれているんだなって思います。気にしてくれているんだなって……そうやって、いい意味での勘違いをしてればいいと思うんですよね」

スターは活躍すれば注目され、成績が落ちれば関心を持たれなくなる。しかし、スーパースターは活躍すれば世の中がひっくり返るくらいの騒ぎに巻き込まれる一方で、ダメになればとんでもないバッシングを食らう。“叩かれてナンボの世界”で逆風が吹き荒れるのは、松坂は今もなお、スーパースターであり続けている証(あかし)なのだ。

「野球って誰かを見返すためのものじゃないし、野球はそんな気持ちでやるものじゃありませんからね」

36歳になった松坂大輔はそう言って、笑った―。

●松坂大輔(まつざか・だいすけ)
1980年9月13日生まれ、東京都出身。横浜高校3年時に甲子園で春夏連覇を達成し、ドラフト1位で西武ライオンズに入団。2006年のオフに海を渡り、MLB通算56勝を挙げて14年オフに日本球界に復帰した

(取材・文/石田雄太 撮影/西田泰輔 小池義弘)




そりゃそうかもしれないけど、ファンがいる仕事なんだからファンの期待に応えようとするのは当然の使命でしょう。

7回をノーヒットにおさえてもローテに入れなかった?
後から入るチャンスもらったのに自分から捨てたように見えたけどな。

せめて投げようよ。

なんでこんなふうになっちゃったんだろう。