FC2ブログ
15353490170.png

またまたトップ100入り!!

スマイルプリキュアにボーナスがあったので、キュアサニーのレベル40 5/10で臨みました。
スポンサーサイト
ニュース記事はこちら




「あの人のことは、いまでも許せません。16歳だった私を自分の都合で振り回して、肉体関係まで持って……。私自身が年齢を重ねた現在(いま)だからこそ、彼の行いは許されないものだとわかります。テレビに出ている彼の顔を見るたび、辛い過去を思い出してしまうんです」

 こう本誌に告発するのは、愛知県に住む32歳の河野綾香さん(仮名)だ。告発の相手は、お笑いコンビ『バナナマン』の日村勇紀(46)。なんと日村は過去、16歳の少女に淫行をはたらいていたというのだ。二人が初めて会ったのは名古屋の繁華街・栄。そのまま手羽先屋へ向かった。そこで日村は綾香さんに飲酒をすすめてきたという。

「店に着くなり、日村さんから『お酒飲む?』と聞かれて、断れなくて。私がすぐ酔っぱらってしまったので、1時間ほどで近くのビジネスホテルへ向かったんです。部屋に入ると、『一緒に寝ようよ』と言われて。寝転ぶ日村さんの上に乗せられて、キスやフェラをさせられました。挿入のときもゴムをつけてくれず、当たり前のようにナマでしてきた。私も突っぱねて嫌われたくなくて……。受け入れるしかなかったんです」

 その後、絢香さんは東京に引っ越し、日村の家に入り浸るようになるが、セフレのような関係が続くことに。

 本誌は9月中旬、都内の高級マンションから愛車の「ポルシェ911」を駆って番組収録へと向かう日村を直撃した。

――日村さん、河野綾香さんとの関係についてうかがいたいのですが。

「ずいぶん前のことですね……」

――当時16歳だった綾香さんと肉体関係もあり、日村さんは彼女の年齢も知っていたということですが。

「ごめんなさい、わからないです。覚えてないですね。マジですかこれは……。参りましたね」

 その後、日村からは所属事務所を通じ、自らの行いを認め、謝罪するコメントが送られてきた。

 9月21日発売のFRIDAYでは、日村と被害女性のツーショット写真をはじめ淫行の証拠写真を公開。二人の関係についてもさらに詳しく報じている。また日村への直撃取材の様子も掲載している。





16年前でしょ?

何をいまさら。

日村氏に法律違反、条例違反の事実はありそうですが、
軽微だし16年という長期間(刑事の時効は完成してます。)経過しておいて、この告発はどうかと思う。
名誉毀損になってもいいのでは。

歯止めがないと、1度の過ちがあったらせっかく公訴時効過ぎても、
告発されることをずっとおそれて生きていかなきゃいけないということになってしまう。

「マスコミに流されたくなかったらお金払って」をずっと続けられますよね。
15374328070.png

久しぶりにアップします。

なかなかの好スコアです。

自分でいうのもなんですが、ハウスボールで淡々とまあまあいいスコアを出し続けてる自分は
異様に見えてると思います。

こんなにやっているのに毎回立つ位置や投げ方が固まりません。
何事も安定した結果を出すって難しいですね。
ニュース記事はこちら




「ファイナルファンタジー」シリーズなど多くのゲーム音楽で知られる作曲家・植松伸夫氏(59)が20日、自身のブログを更新。体調不良が続き、今後の活動を休止することを発表した。「年内を目安にお休みをさせていただきつつも、その後の活動につきましても、もうしばらくの間状況を見つつ判断をさせていただければ」としている。

■植松伸夫氏のプロフィール 主な作品も

  植松氏は12日、10月7日の出演を予定していたコンサート『ゲームを彩るオーケストラ』(石川県立音楽堂)を体調不良のため中止すると発表していた。

 きょうのブログでは「皆様へ、いつもあたたかい応援とサポートをありがとうございます」と書き出し、「ドッグイヤー・レコーズの設立以降、作品作りやコンサート出演等で忙しい日々を駆け抜けてきましたが、ここ数年の無理が祟(たた)ったのか、今年に入りいくつかの病気が立て続き、今少し心身ともに弱っている状況です」と体調を報告。その上で「ここで一度しっかりとお休みをいただいて、心も体もしっかりと充電し、回復した後に、また新たな創作活動を再開するべきだと自ら決断いたしました」と伝えた。

 今後については「現状では年内を目安にお休みをさせていただきつつも、その後の活動につきましても、もうしばらくの間状況を見つつ判断をさせていただければと思っております」としつつ、「いつも応援してくださっている皆様や多くの関係者の皆様へお掛けするご迷惑とご心配を思いますと苦渋の決断ではございますが、何卒ご理解とご協力をいただければ幸いです」と呼びかけている。





だいぶお疲れのようです。

今、59歳なんですね。
私はFF3~7あたりがいちばんはまった時期ですが、当時はかなり若かったことがわかりました。

FFの曲といえば、真っ先にFF6 決戦が思い浮かびます。当職としては、これがダントツに好き。
かっこいいですね~。他に似たような曲が全くない、独創的な曲だと思います。
かっこいんですが曲は短く、FF6の中ボスは弱いので、すぐに戦闘が終わってしまうのが難点。

心も参るのはきついですね。
ゆっくり休んでください。
休んでいる間も作品は働き続けてます(すてきな仕事ですね)。


ここでもやっぱり名誉毀損は不起訴。

動画をネットにアップし、再生回数も相当多く、内容もひどい。
しかもその動画で利益まで得ている(?)。
これで不起訴。

示談が成立したんでしょうか。

やっぱり名誉毀損罪って不起訴なんですよね。

検索してみると名誉毀損の起訴率は30%程度という情報がありましたが、簡単には信じられない。
全体としての件数が少ないから知らないだけかもしれないけど。